生きる力の強い人

「生きる力の強い人」

あなたはどのような人を連想しますか?

「弱くない人だよ」このような答えが一般的かもしれません。

弱い人は、本当に生きる力が弱いのでしょうか・・・。

こんにちは。心理カウンセラー佐藤城人です。

冒険家・植村直己さん。五大陸の最高峰に挑み、成功(世界初)。

犬ぞりによる北極圏到達などでも知られます。

この植村さんのコメントです。

「普通の社会人としてやっていく自信がないから、こんなことをしているんです。

本当は、怖くて、怖くて、寒くて、寒くて・・・」

植村さんは、生まれ持っての勇猛な人でもなければ、死を恐れない人でもなかったのでしょう。

このコメントからわかります。自分の弱さや恐怖心から目を逸らさなかったこと。

死と隣り合わせの世界に飛び込んでいく勇気は、

己の弱さを自覚することから得られたのではないでしょうか?

弱さを自覚することは、すなわち謙虚さに繋がります。

ごまかしたり、目をそむけたりせず、それを受け止めることが謙虚さを生みます。

そしてこの謙虚さが、困難を乗り越えるための真のパワーになるのでしょう。

このように考えると、彼の大胆な行動は、この謙虚さに裏打ちされていたことがわかります。

ただ、ここで気をつけることが1点あります。

それは物事に取り組む前に、予め失敗したときの言い訳をしてしまうことです。

例えば、試験の当日に「風邪気味で全然勉強していないんだ」などの発言をしてしまうことです。

自分の弱さに気づき、それを受け入れることと、その弱さへの言い訳をすることとは異なります。

弱いときは、弱くても良いのです。
辛いときは、辛くても良いのです。
怖いときは、怖くても良いのです。

ただ、「なぜ辛いと感じるのか?」

「なぜ怖いと感じるのか?」

この自分自身への問い掛けが、

弱さの克服につながります。

『自分の弱さをごまかさない人』、

これが【生きる力の強い人】だと私は思います。

自分の弱さを強さに変える講座など、行っています。

お気軽にお問合せください。

心理カウンセラー佐藤城人でした。

*なお、失敗したときの言い訳を先にしてしまうことを、
心理学では『セルフハンディキャッピング』といいます。

バックナンバー『こころの壁』(09/15投稿)でも触れています。こちらもご一読ください。

心理カウンセラー佐藤城人のカウンセリングルームはこちら

Follow me!