あなたは、どちらのタイプ?

スポーツの試合に、あなたは参加しました。さて、どちらのタイプですか?

①たとえ負けても、内容が良ければ「良かった」と納得できるタイプ。
②「勝てば官軍」試合は勝たなければ意味がないと、勝ちにこだわる。

①と② スポーツなどでは、明確に分けることができますよね。
(これは、良し悪しを判断するものではありません)

ただし日常生活では、これを混同してしまうケースもあります。
例えば••••
①「このプロジェクトは、チームの融和が大切だよね」
②「このプロジェクトは、結果を出さなきゃダメだよね」
会議の場で、これではどこまでいっても平行線でしょう。

別の視点から捉えと、①は人間や過程重視、②は物質や数字重視とも言えます。

さて、あなたはどちらのタイプでしたか?

過去と他人は変えられない?

この言葉、よく耳にしますね。
でも、ひとつだけ。
オレオレ詐欺は、なぜなくならないのでしょう?そして、詐欺師というのは、さまざまテクニックを駆使して、人の気持ちに働きかけているのではないでしょうか。
彼らを擁護するつもりは毛頭ありません。犯罪は無くすべきです。
ただ、「人を変えることはできない」この言葉があまりにも独り歩きし過ぎている、このように感じるのです。

『言葉で、人を変えることはできる』これが土曜日から始まるコミュニケーション講座のコンセプトです。ちょっと意欲的?

(2015.4.8)