【うつを進化の過程から考える】~物事を否定的に捉える心の傾向~

こんにちは。心理カウンセラー佐藤城人です。

前回、「うつに見られる傾向」を投稿しました。

今回は、「進化の過程から見たうつ」についてです。

最初に、イメージトレーニングからです。

私たちの祖先が、まだ狩りで獲物を捕らえていた太古の昔をイメージしてください。

アニメ「はじめ人間ギャートルズ」のあの時代です。

そのころ、人間はまだピストルやナイフのような強力な武器も無く、

素手に近い状態でした。無鉄砲に立ち向かったのでは、勝ち目もありません。

生き残るためには、戦って勝つことのほか、戦わずに逃げる選択肢もあったことでしょう。

そのような状況において何が頼りになるかと言うと、「記憶」と「言葉」です。

この動物ならば勝てる。でも、あの獣には勝ち目はなく、逃げた方が良いという記憶。

この木には美味しい果実が実る。しかし、あの木に成る実はまずいという記憶など。

このように、人間は過去の記憶を頼りにし、かつその経験を言葉で他の仲間にも伝えました。

この、言葉による伝達が記憶の共有化となり、脈々と後世にも伝えられることになります。

では、まったく知らない未経験の出来事に遭遇した場合、どのように対処したのでしょうか?

果敢に積極的な行動を取ることと、動かずに消極的な行動を選択することと、

どちらが生存率は高いでしょうか?これはもちろん後者です。

記憶に無い以上、無茶な行動は命を落とす確率が高くなるからです。

新しい場面に遭遇した場合、その状況を悪い方向に考え、それこそ最悪のケースも想定したことでしょう。

私たちの祖先は、好むと好まざるとにかかわらず、『物事を悪い方向に捉える傾向』を身に付けたことがわかります。

それは、死を回避するための必要な選択だったのです。

そして、物事を悪く捉える心の癖は、現代の私たちにも、遺伝子として受け継がれているのです。

 

「ポジティブシンキングでいこう!」この言葉をよく耳にします。

しかし、頭では理解できても、どうも腑に落ちないと感じる方もいらっしゃるようです。

上述したように、人間は何千年もの長い間、『ネガチィブシンキング』で生き残ってきました。

従って遺伝子レベルでは、物事を回避することを良しとしてしまうのです。

どうやらネガチィブ思考の方が、本来の人間の姿なのかもしれません。

このように考えると、私たち人間は、その進化の過程において、

「うつ」になりやすい思考を身に付けてしまったことが理解できます。

 

現代社会では、実際に獣に出会う機会はありません。

では、身に付けたネガチィブシンキングは、どのようなときに顔をのぞかせるのでしょうか?

それはやはり、「記憶」と「言葉」においてです。私たちは、過去の経験から未来を予測します。

その結果、まだ起きていないことを、必要以上に不安視したり、どうせだめだろうと諦めてしまったりしがちです。

また、それらを言葉で表現してしまいます。それがうつの傾向を招いてゆくのです。

【選ぶ言葉が心を変えるセミナー】

【選ぶ言葉が心を変えるセミナー】では、その人が多用する言葉に着目します。

例えば

①「明日の試験、落ちたら嫌だな・・」

②「明日の試験、合格したいな♪」

 

この2つの発言、どちらも試験にパスしたいという心境は同じでしょう。

しかし、どちらがポジティブな言葉使いで、どちらがネガチィブな言葉使い(問題回避の言葉使い)でしょうか?

前回、うつを改善するにあたり、行動から変えることの必要性をお伝えしました。

そして、その行動を変える前提として、その人の「使う言葉」から変えることも必要性です。

「どのような言葉を選べば良いのか?」これをセミナーでお伝えしています。

出張セミナーなどお気軽にご相談ください。

心理カウンセラー佐藤城人でした。

 

Follow me!